肝斑治療でシミなし肌に~一人で悩まず整形クリニックへ~

特別なケアが必要なシミ

鏡を見る女性

肝斑とはお肌にできるシミの一種ですが、女性ホルモンが発生に関わっていると考えられる点で他のシミとは性格を異にしています。そのため通常のスキンケアでは改善できないケースもあり、内服薬の使用などによる医療機関での治療が推奨されています。

もっと見る

美容皮膚科のシミ取り

シミ

美容皮膚科では肝斑などのシミ取りの治療を行っている。肝斑は根本的な原因が解明されていないため、シミ治療の中では難しい部類に入る。美容皮膚科では、薬物療法やレーザー治療によって肝斑などの顔のシミを解消することができる。

もっと見る

シミ対策と改善

中年女性

肝斑は顔に出るシミのことで、おもに女性に多くみられる症状です。肝斑は顔に出るために目立つので、女性にとっては悩みの種になりやすく、内服薬をはじめとして塗り薬や手術などの治療方法があり、それぞれ人気を集めています。

もっと見る

30〜40代のシミとは

笑顔の女性

両頬に広がる女性のシミ

顔にできるシミが気になるという方は多いのでないでしょうか。一口にシミといっても様々な種類があり、それぞれの治療があります。シミといえば紫外線のイメージを持つ方も多いのですが、お肌の老化や擦り過ぎ、睡眠不足、妊娠などが原因になることもあります。例えば、肝斑というシミは30〜40代女性に多く見られる症状の1つです。肝斑は両頬に薄く広がる茶色のシミです。目のまぶたを除いて額にできることもあります。肝斑の形が肝臓の形に似ているシミということから肝斑と名前がついています。肝斑ができる原因として女性ホルモンが関係していると考えられています。肝斑は、閉経が近づいて女性ホルモンの分泌量に変化が起きる30〜40代女性に最も多くできます。

解消する方法

では、肝斑を薄くしたい消したいときの治療方法についてみていきましょう。まず、両頬にできているシミが肝斑かそうでないかを判断するのは難しいので皮膚科や美容クリニックを受診してみましょう。自己判断で治療を続けても効果が出ず、反ってシミを濃くしてしまう可能性があるからです。肝斑と診断された場合の治療として飲み薬や塗り薬、メドライトなどのレーザー治療があります。今まで肝斑にレーザー治療を行うとシミの色が濃くなるといわれていましたが、開発や技術の進歩によって特定のレーザー治療なら有効であることが分かってきました。飲み薬は美白効果があるハイドロキノン、メラニンを外へ排出する効果があるトレチノインが有効です。トラネキサム酸配合の塗り薬も効果があるとして治療に使われています。